歌舞伎町「蟻家」でフュージョン居酒屋料理。

08070703.jpg

先日、知人の紹介でポジャギの先生にお会いしました。
生徒さんがたの展覧会があると聞いて会場にお邪魔した後、

「新宿に姪のやっている店があるのよ」

ということで、打ち上げに同行させて頂きました。
ポジャギの先生の姪御さんという先入観があったせいか、
店に入ったときの雰囲気にはちょっと驚きましたね。

アレンジ韓国料理をメインとするフュージョン居酒屋。

店内にはバーカウンターなども用意されておりオシャレですね。
3、40人ほどのキャパがありますが、12名から貸切可だとか。
ちょっとしたイベント、オフ会などにはよさそうな規模です。

08070704.jpg

勝手知ったる先生が、自慢の料理を続々とチョイス。
まず出てきたのは素麺付きのナクチボックム(テナガダコ炒め)。
こういうスタイルの店では、よく見かける料理ですね。

素麺を脇に添えているというのがポイントで、
ナクチボックムの辛さを和らげるとともにボリュームアップ。
韓国では焼酎のつまみですが、ビールにも合います。

運ばれてくると同時に、麺を全体に混ぜ込むのですが、
いかに均一に混ぜ込むか、というのが腕の見せ所です。
これを手際よくこなせると、韓国料理通としてカッコいいのですが、

「じゃあ、混ぜているところを1枚」

などと写真ばかり撮っている僕はあまり上達しません。

08070705.jpg

茹でた鶏の足に辛い薬味ダレをかけたタッパル。
これまたフュージョン居酒屋を象徴する一品ですね。

08070706.jpg

料理用の手袋をもらえるので、これを左手に装着。
骨まわりのゼラチン質に、かぶりついて食べます。
ビリビリと辛いですが、甘味もある味付けなので意外に平気。
コラーゲンたっぷりなので、女性にも人気が高いそうです。

08070707.jpg

フルーツをたっぷり入れた優しい甘さのヤンニョムチキン。
フライドチキンに甘辛い薬味ダレを絡めたものですが、
水飴などでつける甘さに、フルーツを加えたのがポイント。
甘酸っぱい味わいが加わり、タンスユク(酢豚)風でもあります。

なにかクニクニした具があるな、と思ったらナタデココだったりも。
このあたりフュージョン居酒屋らしい工夫ですね。

08070708.jpg

居酒屋だけあって、ドリンク類が豊富なのはいいですね。
マッコルリを飲もうかと思ったら、フルーツマッコルリという文字が。
ジュースとマッコルリを混ぜたカクテルは比較的よく見ますが、
この店ではフルーツとマッコルリを、ミキサーでガーッと攪拌します。
いくつか選べる中で、我々はパイナップルをチョイス。

写真でわかるかどうかが、微妙かもしれませんが、
ミキサーにかけることで空気が混ざってふんわりした仕上がり。
表面に浮いた泡のぷちぷちとした食感もいいですし、
フルーツの甘味も、マッコルリとよく馴染んでいる気がします。

どうせならミキサーにかける瞬間を撮りたかったですね。
ガーッという音が聞こえたときには、すでに混ざった後。
バーカウンターでやってくれるのなら、それをもう1歩進め、
テーブルでやってくれると盛り上がるのではとも思ったり。

季節ごとのフルーツを使ったり、ミックスしても面白いかも。

「パイナップル70%とマンゴー30%がうまい」

とか語ってみたいものですね。
ちょっとしたバーテンダー気取りができそうです。

08070709.jpg

2日間煮込んだコリコムタン(テールスープ)があるというので、
それを頂いて、この日のシメとしました。
メニューには見当たらなかったので、サービスだったのかも。
スープもさることながら、とろりと柔らかな牛テールがよかったです。

大阪の鶴橋で買った牛テールがまだ冷凍庫にあるので、
それを早く使わねば、という意欲がわいてきました。

店名:韓国FUSION居酒屋ARIYA-蟻家-
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-23-9 109ビル3階
電話:03-3202-5626
営業:17:00~翌5:00
定休:なし



3 Responses to 歌舞伎町「蟻家」でフュージョン居酒屋料理。

  1. 8月9日「八田りチングトークイベント」の入場方法について。
    5月31日よりチケットを販売しており、入場方法のお問い合わせがあります。回答が遅れてすみません。
    「全席自由」。チケットに記載しているナンバーの早い方、メールでお申込の日付が早い方から順次、案内して入場する方法といたします。
    当日券をお求めになる方が、一番、遅い入場とさせていただきます。

  2. ヨーコ(*^^)v

    すっごく美味しそう~(((((*^o^*)♪
    暑いと、韓国料理でしっかり栄養つけたい
    と思ったりします。
    冷麺が美味しい季節ですしね~。
    友人はゴムみたいで嫌いって言って
    ますが(笑)
    『中華料理始めました』みたく
    『冷麺始めました』もありますか(笑)

  3. >八田りチング実行委員会さん
    お知らせありがとうございます。
    確かに入場方法の案内が欠けていましたね。
    ブログでの告知にも付け加えておきます。

    >ヨーコさん
    韓国では「冷麺開始」という貼紙を掲げます。
    それを見ると、夏が近くなったなと感じたり。
    よくできた冷麺は、噛み応えがあっても美味しいですよね。
    ぜひ本場物をおすすめしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next