年に1度のお菓子作り同好会(3)。

08042801.jpg

男2人で年に1度のお菓子作り同好会。
まことにむさくるしい話ですが、すでに6年目の行事です。
親しい友人の誕生日を祝うという目的で、
オーブンすらない友人宅にこもってゴソゴソ作業。

1年目のバームクーヘン!
2年目のティラミス!
3年目のドラ焼き風ケーキ!
4年目のドーナツ!
5年目の黒糖饅頭!

に引き続いて今年もしっかり作りました。
ちなみに過去2年分の記事は以下にあります。

年に1度のお菓子作り同好会(1)。
年に1度のお菓子作り同好会(2)。

今年はその友人が中国語関係の試験に受かったとのころで、
幹事担当から中国に関係するプレゼント、という指令がありました。

中国に関係しつつ、毎年恒例のお菓子作り。

ということで、しばし悩んで出た結論が冒頭の写真。
薄いペーパー状のものに、千切りにしたリンゴや、
パイナップル、マンゴー、干しブドウなどを揃えて配置し……。

08042802.jpg

こんな形に隙間なく包みます。

08042803.jpg

カラリと揚げれば、フルーツ春巻の出来上がり。
元ネタは毎年使っている『クッキングパパ』のレシピ本です。

08042804.jpg

アツアツの状態で食べるとアップルパイ風でもあり。
ほかにもバナナを入れたり、チーズを拍子切りにして入れたり、
いろんなバリエーションを作ってプレゼントとしました。
手軽に作れる割りに、いろいろ楽しめるお菓子です。

春巻に見えて、実はお菓子という意外性もありますしね。
揚げたてがいちばんですが、冷めてからでも美味しく頂けます。

ということで今年も年に1度の同好会は無事終了。
来年はいったい何を作ろうか、ゆっくり考えたいと思います。

<過去の関連日記>
(04月28日)年に1度のお菓子作り同好会。
▲(2006年)
▼(2007年)
(04月27日)年に1度のお菓子作り同好会(2)。



2 Responses to 年に1度のお菓子作り同好会(3)。

  1. す@

    今年もおいしゅうございました~。
    というか、今年はもうないだろうと思ってただけに、
    びっくり度が例年の10倍くらいでした・・・。
    男二人での楽しい時間の口実になれて光栄です(^^;

    3日後でもおいしく食べられましたよ。
    完成度が高いところが残念ながら悔しいです(-_-;

    しっかし中国語関係の資格ったって・・・こんな低レベルで
    すいませんっ。でもこれを足がかりに韓国語&中国語の
    二本立てで行けるようにいつかなりたいと思いまする。

  2. >す@さん
    恒例行事なのでできる限り続けたいですね。
    会員が年々忙しくなり、日程確保が難ではありますが、
    今年も無事開催できて何よりでした。
    年を経るごとに、少しずつですが手際もよくなり、
    効率的に作業を進められるようになったのも大きいです。
    慣れないお菓子作りも、やれば上達するものですな。
    韓国語と中国語の二本立て、ぜひとも実現させてください。

八田氏@K・F・C へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next