新大久保「BCD TOFU HOUSE」でキムチスンドゥブ。

08031101.jpg

僕の仕事はライターなので取材はするほうが多いですが、
稀に取材される、という逆バージョンもあったりします。
韓国料理の話だけを書いているライターというのは少ないので、
なぜ、そこにハマったのか? という部分を語るような感じ。
狭い韓国業界の中でも、さらに隙間産業ですからね。

料理を作って売るでもなし、生徒さんを集めて教えるでもなし。
食べて語るだけ、という職業は確かに考えようによっては奇妙です。
料理全体に広げれば、まあ充分にアリなのでしょうが、
韓国料理だけ、となると極端に狭い守備範囲になりますからね。

僕自身は大きな可能性を感じつつ仕事をしていますが、
他の人には理解しにくい、というのもよくわかります。
まあ、そのおかげで、

「なぜ韓国料理なのでしょう?」

といった取材をして頂けるのですから恵まれています。
韓国料理にハマったきっかけから、僕が感じている魅力など、
約1時間にわたって、念入りに取材して頂きました。

その話は3月25日の朝日新聞朝刊に載る予定とのこと。

朝日新聞を購読している人はぜひチェックしてください。
購読していない人も、駅の売店などで買ってくださいね。

その取材が終わって、記者さんと食べに行ったのが、
「BCD TOFU HOUSE」のスンドゥブチゲ(柔らかい豆腐のチゲ)です。
新大久保での昼食には、非常に使い勝手のよいお店ですね。

特にお仕事関係の方と食べる場合は、店内もきれいですし、
専門店なので、相手に何を食べたらよいのか悩ませる必要もない。
また、スンドゥブチゲは嫌う人がほとんどいないメニューでもあります。
あ、もちろん辛いのがダメという人は別ですけどね。

こうしてブログで書くのはずいぶんと久しぶりですが、
実際にはちょこちょこと打ち合わせがてら足を運んでいます。
仕事上の会食なので、写真を撮るような雰囲気でもなく、
結果としてブログの記事には上がってこない店。

この日は僕に関する取材を受けていたので、
普段はこんな感じです、という意味でもしっかり撮影。

記者さんは味噌味のテンジャンスンドゥブをチョイス。
僕はキムチの入ったキムチスンドゥブを注文しました。

簡単にいえばキムチチゲとスンドゥブチゲの融合した料理。
キムチの酸味が加わり、新たな味のスンドゥブチゲとなります。
韓国にいた頃は、このキムチスンドゥブをよく食べました。
キムチチゲや、スンドゥブチゲよりも、微妙に値段が高くなるので、
今日は贅沢しよう! というプチゴージャスな料理でした。

といっても当時、3300ウォンですから300円ちょっと。
お金のない留学生時代ならではの、贅沢だったと思います。
ちなみにキムチチゲ、スンドゥブチゲは2500ウォン。

08031103.jpg

スンドゥブチゲと一緒に並んだ副菜の数々。
奥に見えている生卵を、好みでチゲに割り入れます。
卵を入れることで辛さがマイルドになるとともに、
特有の濃厚な黄身の味わいを一緒に楽しむことができます。

スープが薄まって嫌だという人は入れない自由もあり。
むしろ卵かけごはんにする、という選択肢もありますしね。

08031102.jpg

この店が素晴らしいのは、ごはんをその都度炊いてくれること。
注文ごとに約13分かけて、1人前の石釜でひとつひとつ炊きます。
炊きあがったごはんはツヤツヤと輝いており、やっぱり美味ですね。

なお、ごはんは別の器に取り分け、石釜には水を注いでヌルンジに。
石釜の余熱でアツアツの香ばしい飲み物へと生まれ変わります。
ほのかな香ばしさが加わった、白湯のような飲み物ですが、
韓国では昔からお茶がわりに飲まれておりました。
これを飲むことで、消化を助ける働きもあるとのことです。

石釜のまわりに貼り付いた、ごはんを食べるのもまた魅力。
香ばしいオコゲが水を吸って柔らかくなり、米本来の甘さを楽しめます。

あ、そうそう。

仕事関係の人と行くのに最適と先ほど書きましたが、
ひとつひとつごはんを炊く関係で、料理を待つ時間はかかります。
そのあたりは事前に伝えておく気遣いがあるといいでしょうね。

「ここは注文ごとに石釜でごはんを炊いてくれるんですよ!」

初めて行くときは、その一言をまず伝えておくべしです。
同様に次のアポイントがあったり、極端におなかが減っているなど、
待ち時間がしんどいときは、別の店に行く選択肢を考えたほうが無難です。
しっかり待ってでも美味しく食べたい人におすすめしたい店。
ウナギを食べるのと同様に、じりじり待つのも魅力のひとつです。

店名:BCD TOFU HOUSE
住所:大久保1-15-15秋山ビル1階B号室
電話:03-5292-6086
営業:10:00~24:00
定休:火曜日

※この店は『東京 本気の韓国料理店』のP65にも紹介されています。

<過去の関連日記>
(03月07日)新大久保「BCD TOFU HOUSE」でスンドゥブチゲ。
(09月01日)新大久保「BCD TOFU HOUSE」でミックススンドゥブ。
▲(2006年)



18 Responses to 新大久保「BCD TOFU HOUSE」でキムチスンドゥブ。

  1. zozo

    先日はおつかれさまでしたっ!
    ここがオススメの純豆腐屋さんですね。
    是非、近いうちに行ってみたいと思います。
    石釜で炊きたてなんて素晴らしい!
    食べなくちゃ! 
    ちなみに卵はチゲに投げ入れる派ですっ!

  2. ラッパッパー

    キムチスンドゥブ、美味しそうですね。
    朝日新聞、必ず読みます!
    記事は全国版ですよね?25日は広島です。
    広島にも美味しいスンドゥブがあるか、探してみたいです。

  3. >zozoさん
    先日はありがとうございました!
    スンドゥブチゲ好きでしたらぜひ足を運んでみてください。
    石釜ごはんで、さらなる魅力アップの1軒です。
    スンドゥブチゲの種類も豊富なのでいろいろ楽しめますよ。

    >ラッパッパーさん
    全国版の記事になると聞いております。
    広島には「soon de vew yan」という店があるみたいですよ。
    「soon de vew」で「スンドゥブ」と読ませる様子。
    まだオープン仕立ての新しい店のようです。
    時間がありましたら、ぜひ探索してみてください。

  4. ラッパッパー

    25日広島ではなく、名古屋に来ております。
    BSDスンドゥブ食べました。
    CとSの違いですが、味は全く違いますね。
    BSDはあっさりめというか塩辛いというか味噌っぽい風味がするというか、不思議なスンドゥブでした。
    なぜだろう・・・?と悩んでます。
    八田さん、教えてください。

  5. >ラッパッパーさん
    僕はBCDのほうしか食べていないのでなんとも。
    ソウルで食べるチャンスがあればよかったんですけどね。
    いつか名古屋に行ったら僕も食べ比べてみたいですね。
    ソウルでもチャンスを狙ってみたいと思います。

  6. ラッパッパー

    先週末に大阪福島のOKKIIと西梅田まん馬、
    南方のすんドゥブを攻略してきました。
    (すんドゥブの野いちごのマッコルリはなかなかでした)
    名古屋にもBCDとかOKKIIとかまん馬とか、
    いろんなスンドゥブ専門店が出来て欲しいですね。

  7. >ラッパッパーさん
    スンドゥブ遠征は順調のようですね。
    各地で専門店が少しずつ増えているジャンル。
    今後、評価が継続して高まってゆけば、
    他エリアへの遠征店も出てくるのではと思います。
    帰ってきたら、ぜひ詳しく聞かせてくださいね。

  8. 一読者

    いつも楽しく読ませていただいてます。
    朝日新聞の記事、拝見いたしました。

    写真のバックに、ピョジュバク横の薬局の
    看板が映っていたので「さすがディープな
    場所で撮影してるな~」と思ってましたが、
    BCDでしたか。なるほど、納得です。

    これからも貴重な情報、お願いします。
    特にツマミの旨い、韓国カラオケが歌える
    リーズナブルな居酒屋情報、待ってますw。

  9. >一読者さん
    さすが鋭いですね!
    ちょうどあの路地はハングルの看板が重なっており、
    撮影に最適、ということで選択しました。
    それですぐ近くにあった「BCD TOFU HOUSE」で食事。
    スムーズな流れの移動でした。

    カラオケ付きのリーズナブルな居酒屋は……。
    僕の手持ちには、いまのところないようで。
    頭の片隅に入れつつ、見つかったらレポします!

  10. このお店、テジさんのオフ会の帰りに通り過ぎました。店内に薄型大画面テレビがあって、韓国のテレビ放送??をやっておりました。あれって、生放送なんですかね??八田さん何かご存知ないですかね。私は、インターネット放送で韓国のテレビ番組を生で見ておりますが、家庭用テレビで、直接、韓国のテレビ番組を生で見れると助かります。今度、お店の方に聞いて見ようと思います。

  11. >田中 利博さん
    生放送だと店の方から聞いたような。
    どういうシステムなのか、詳しくはわからないので、
    ぜひお店の方に聞いてみてください。
    新大久保では生放送を流している店がほかにもあったはずです。

  12. 八田 さん、ネットで調べてもいまいち判りませんね。システムとか料金とか判ったら、私のブログにアップしたいと思います。テレビで直接見た方が、とにかく画質が良いですからね。BDレコーダーにも録画出来るかも知れません。

  13. >田中 利博さん
    僕も調べてみましたがよくわかりません。
    インターネット経由ではないか、との情報もあります。
    お店のほうに確認して頂くのがいちばんでしょうね。
    僕も機会があったら聞いてみたいと思います。

  14. 八田 さん、ありがとうございます。

    八田 さんも、MBCの「チャアラ マッシヌン TV」をテレビで鑑賞出来て、BDレコーダーで録画出来たら助かりますよね。

  15. >田中 利博さん
    韓国の料理番組もチェックせねばなんですが、
    そこまで手が回らないのが現状です。
    KNTVの「味対味」は見るようにしているのですが、
    それも見逃しがち、なんですよね……。

  16. 本日、ランチで利用しました。ミックススンドゥブ、あさりのダシが効いていて、美味しかったです。懸案のテレビ放送ですが、G NET と言う会社のサービスを利用しているそうです。インターネット回線を利用するシステムで、機器の買取が、25000円、月々の利用料が1000円だそうです。早速、資料請求しました。
    TEL 03-5850-6355 です。

  17. 八田氏@K・F・C

    >田中 利博さん
    詳細な報告をありがとうございます。
    やっぱりインターネット回線の利用でしたか。
    リアルタイムで見られるのは喜ばしいですね。
    権利関係がどうなっているのか気になるところではありますが。
    とりあえず今は韓国に来ましたので、
    取材の合間にでも、生でテレビを見たいと思います。

  18. >コメントを下さった方へ
    コメントありがとうございます。
    メールにて返信させて頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next