書籍情報「ソウル食べ尽くし!行列のできる激ウマ料理店」。

07062001.jpg

前回の記事に引き続いてもう1冊本の紹介です。
お世話になっている編集者さんから、でき立てを送って頂きました。

「ソウル食べ尽くし!行列のできる激ウマ料理店」

その名の通り、ソウルの美味しい飲食店を紹介する本です。
著者はテレビ番組の制作などに携わる韓国のコーディネイター。
行列嫌いの韓国人が並んでも食べる100店舗+αの紹介だそうです。

まだざっと見ているだけですが、いい店が並んでいますね。
有名店もありますが、穴場店がずいぶん含まれているようです。
ソウルビギナーはもちろん、リピーターにも必携でしょう。

イメージ的には2001年に発売された伝説の本。
「ソウル本当に美味い店100」みたいな印象を受けました。
この本も重宝しましたが、時代的にいまは閉店店舗多数。
韓国の店って、人気店でもすぐなくなっちゃうんですよね。
その後を引き継ぐような、よい本が出てきたように思います。

そしてカラー写真が多いのも嬉しいところですね。
メイン料理の写真は大きいサイズで必ずカラー。
店の外観写真がきちんと載っているのも気が利いています。
近くまで行って見つからない、ってけっこうありますからね。
外観写真があるのとないのでは、ずいぶん違いが出ます。

本の詳細については出版社のページをごらんください。
アマゾンなどでも販売が始まっているようです。



4 Responses to 書籍情報「ソウル食べ尽くし!行列のできる激ウマ料理店」。

  1. 睡蓮

    アマゾンなんかで見たら食指が全く動かないタイトルやなと正直思いますが(だって前に書きこみした朝日新書のもたいがいだよ~売れ筋狙うとしょうがないのかもしれないけど…)八田氏の紹介を読んだらなかなか面白そうやないですか!
    一度本屋さんで手に取って、内容ちらりと拝見してから検討しまあす!

  2. テジカルビ

    こういうの、大好きです。
    最近、韓国料理、マンネリ気味なんで、
    ガイド本大好き、ミーハーとしては、
    ぜひ!買ってみたいです~♪

  3. ランチ

    「ソウル本当に美味い店100」は装丁が悪く、地図はむちゃくちゃアバウト、写真の色味もデザイナーがいるのかと思うくらい最悪でしたが(笑)、反して、ものすごく重宝した本でした。
    本を頼りに行ってみて当たりだったお店も多かったです。

    その伝説(なんですね(笑))と同じような印象を受ける本とのことで、かなり気になります。

    聞いた話ですが、鐘路にある「ファンソコジプ」が載っているそうですね。
    その手(?)の知る人ぞ知るお店が載っているのであれば、かなり自分的には「買い」かも。

    とはいえ、私も、本屋さんでまず手にとってから購入を考えようと思います♪

  4. >睡蓮さん
    この手の本のタイトルはありがちなだけに、
    中を見てガッカリということが少なくないですもんね。
    ぜひ書店にて確認してみてください。
    カラーページが多いので、見た目はかなりいいと思います。

    >テジカルビさん
    テジカルビさんにはぜひ購入して頂きたい本ですね。
    名前すら知らない、穴場的な店がたくさんありました。
    ぜひこれを参考に食べ歩きをして欲しいと思います。

    >ランチさん
    確かに「ファンソコジプ」は出ていますね。
    名物ランチとしてテジプルコギペッパンが紹介されています。
    ディナーはテジプルコギとコプチャンが美味しい店だとか。
    店の選択はかなりツボをついているのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next