新大久保「Funny House Orange」でヨーグルト焼酎。

07051301.jpg

歌舞伎町「Teji Tokyo」名物、ミニトマトのキムチ。
外側はカクトゥギ(大根の角切りキムチ)風の味付けですが、
噛むと中から瑞々しいトマト果汁がぴゅっと飛び出してきます。
「Teji Tokyo」ではぜひとも注文して欲しい一品……。

ってのは大嘘なんですね。

1軒目の「大長今」を出て、そのまま湯島で2軒目。
焼酎がずらりと並ぶ、コチラの店へと流れていきました。
300種類の焼酎と創作料理、手打ち蕎麦が自慢の店だそうです。
ちなみに冒頭の写真はミニトマトの甘酢漬けです。

07051302.jpg

カウンターの前には焼酎の1升ビンが棚中にずらり。
プレミアがつくような有名な銘柄もちらほらと見えました。

07051303.jpg

この店でだいぶ焼酎を飲んだので、料理の記憶が曖昧です。
メニューを見る限り、クリームチーズの酒盗和えではないかと。
こまごまとした料理をいくつか頼み、焼酎をクイクイと飲みました。

07051304.jpg

シメはやっぱり手打ち蕎麦。
店内には蕎麦打ちのブースも用意されています。
目の前で打ってもらえるのはいいですね。

と、いいつつ実はここからが記事の本番。
タイトルにある「Funny House Orange」は新大久保の店。
湯島を出て、新宿で飲み直そうと思ったのですが、
目当ての店が開いておらず、結局慣れた新大久保に流れました。

07051305.jpg

大久保通り沿いに位置する韓国パブ。
閉店間際の時間だったので、ヨーグルト焼酎だけ頂きました。
柿の種をつまみにしつつ、ちびちびと飲みます。

店に入ろうとしたら、ちょうど店員さんが「クルトギ」を読んでおり、

「それ僕です」
「えー、似ているけど嘘でしょ!?」
「いえいえ本当です(表紙と同じポーズをとる)」
「えー、本当?」

という信じてもらえない楽しさもあったり。
最後は信じてもらいましたが、酔っていただけに楽しかったです。
ていうか、酔ってなきゃ自分からそんなこと言いませんよね。
後から考えると恥ずかしい話ですが、有名人気分に浸った夜でした。

店名:Funny House Orange
住所:東京都新宿区大久保2-32-33リスボンビル4階
電話:03-3208-1303
営業:17:00~翌5:00
定休:なし



7 Responses to 新大久保「Funny House Orange」でヨーグルト焼酎。

  1. ポジャギ

    >「それ僕です」
    >「えー、似ているけど嘘でしょ!?」
    >「いえいえ本当です(表紙と同じポーズをとる)」
    >「えー、本当?」

    これ、おかし~いっ!
    その場で見てみたかったわん。

    あたくしたちも「クルトギ」、ゲットしました~♪
    これから、読みます(笑)。

  2. >ポジャギさん
    アホみたいな話ですが本当のやり取りです。
    最初はなかなか信じてもらえないですね。
    なにかの冗談だと思われるようです。
    写真と実物が似ていない、という訳でもないはずですしね。

  3. gomako

    おお~ヨーグルトソジュ!
    日本ではワンスと同会社の店‘とりひめ’でしか飲んだことなかったけど、
    やっぱり新大久保辺りではけっこう出してるのかな?
    でも、ヤクルトソジュはそうそうないよねえ?
    どこか知ってる??(^_^;)

  4. >gomakoさん
    新大久保でもある店にはあるというくらいですかね。
    韓国人客の多い、バー系の店にはあるように思います。
    ヤクルトソジュはどうですかねぇ。僕もちょっと思い浮かびません。

  5. 新大久保「Funny House Orange」

    住所|新宿区大久保2-32-33 リスボンビル4階最寄り駅|JR新大久保徒歩5分関連サイト| Funny House Orange[食べログ.com]韓食日記コメント|新大久保で交流居酒屋と言えばオレンジというくらい前からありますが、ここのヨーグ

  6. どうもです
    またまたTBさせてもらいました。
    「クルトギ」見てませんが、すごい(笑)
    面白いですね!!こんなのに表紙になるなんて(笑)

    僕も前に韓国のソテジって人のテレビに出たことあります(笑)
    日本語しか話せないのに(笑)

  7. >ケンさん
    TBありがとうございます。
    「クルトギ」の表紙は確かに名誉なことでしたが、
    ソテジの番組に出たというのはもっとすごいのでは。
    韓国の音楽シーンに多大な影響を与えた、ミュージシャンです。
    韓国では一生モノの自慢になる出来事でしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next