歌舞伎町「Teji Tokyo」で新商品ラッシュ。

06102701.jpg

先日よりアサヒコムで韓国料理関連の連載を始めておりますが、
おかげさまで好評とのこと、とりあえずほっとしております。
そのスタッフの方々と打ち合わせを兼ね、こちらの店に行ってきました。
歌舞伎町で人気を集める豚焼肉の専門店「Teji Tokyo」です。
金曜日ということもあって、お店はかなりいっぱいでしたね。
この近辺、新大久保も含めて金曜日はどこも予約必須の状態です。

この日のお目当ては看板料理の豚焼肉もさることながら、
先日、取材の際にちょっと味見をさせてもらった冒頭のキムチ。
韓国でも食べたことがありません。ミニトマトのキムチです。
キムチの本などを見ると、大きいトマトは稀に見かけるのですが、
ミニトマトを使ったものは僕も初めて見ました。
ひとつひとつ皮を湯むきしてある手のかかった一品です。

ミニトマトの甘味、酸味を残しつつも、食べるとしっかりキムチです。
水分の多い野菜なので、瑞々しく、口の中にピュッと来る感じがたまりません。
食感は熟れすぎたカクトゥギ風で、柔らかくも鮮度あふれる感じ。
これまでに体験したことのないキムチの喜びを味わいました。

サイドメニュー、新商品に力を注ぐ、「Teji Tokyo」らしい新商品です。
確か来月あたりからメニューに加わる……というような話でした。

06102702.jpg

ミニトマトのキムチでひとしきり盛り上がりつつメインは豚焼肉。
白金豚なども出ておりますが、まずはワインに漬けた薩摩清浄豚から。
皮付きの豚バラ肉、オギョプサルのほうを注文してみました。

ブロック状のまま側面を焼き、頃合を見てナイフでカット。
もう1度鉄板に戻して、中までじっくりと焼いていきます。

06102703.jpg

豚肉と一緒に白菜キムチ、ニンニクを忘れてはいけません。
白菜キムチは食感がとろっとし、ニンニクはほっこりします。
この両者を焼けた豚肉とともにサンチュ、エゴマの葉で包んでガブリ。
韓国豚焼肉の真価を、口の中いっぱいに感じる瞬間です。

この後、イベリコ豚のサムギョプサル(豚バラ肉)も追加。
余裕があれば白金豚まで行こうかと思ってはいたのですが、
2次会の予定もあったので、この日はイベリコ豚まで。
そのかわりに、こんな新商品をサービスして頂きました。

06102704.jpg

来月からのメニューだったか、あるいは試作品かもしれません。
これまた少し変わった料理、海苔とチーズのチヂミだそうです。

ベースとなっているのはキムチチヂミでしょうか。
具に白菜キムチと、薄切りのサムギョプサルが入っています。
そして名前の通りたっぷりのチーズと、細く刻んだ海苔も入ります。
中がとろとろしているので、チヂミというよりは磯辺焼き風な感じも。
これはこれで美味しいですが、チヂミらしさにはやや欠けますね。

しっかりチヂミでありながら、たっぷりチーズでアレンジした、
大久保「土地」のチーズチヂミをふと思い出しました。

06102705.jpg

最後にデザートまで出して頂いちゃいました。
こちらは10月の新商品としてすでに出ている寒天のブリュレ。
パリッと固めた蜜が上に載せられており、これまた美味です。
こういうシメがあるのはいいですよね。
食材が寒天なのでヘルシー感があるのもいい感じ。

でも、これを食べる前にも、ひとつシメを経ていたりして。
前回食べて美味しかったゴマの葉おにぎりとチャンジャ海苔巻き。
ちょっと半端な7人という人数だったのですが、
人数分にカットしていただく、というワガママをしてしまいました。

なんとも幸せな2度シメでしたが、当然のごとくそれでは終わらず2次会に。
歌舞伎町から西新宿へと移動し、マッコルリを飲みにいきました。

店名:Teji Tokyo(てじとーきょー)
住所:東京都新宿区歌舞伎町2-21-3第6本間ビル1階
電話:03-3207-5506
営業:18:00~翌5:00(月~土)、18:00~24:00(日・祝)
定休:なし
http://www.teji-tokyo.com

<過去の関連日記>
(03月27日)歌舞伎町「Teji Tokyo」でイベリコ豚。
(04月04日)歌舞伎町「Teji Tokyo」で銘柄豚3連発。
(08月07日)歌舞伎町「Teji Tokyo」でテジ頂上会談。



6 Responses to 歌舞伎町「Teji Tokyo」で新商品ラッシュ。

  1. ナミギョン

    今晩わ。
    また来ます。
    ごこは私の国の料理がたくさんあるので
    面白lいですね。
    私はいま日本にいるから韓国料理をよく食べていませんでした。
    今日見たキムチチヂミはおいしそうですね。
    食べたいですね。

  2. てっちゃん

    いや~プチトマトのキムチ!美味しそうですね!!
    しかも一口大で食べ易く、普通のトマトより良いかも・・・☆
    盛り付けや器も洗練されていて、また写真が良い!!
    ブチッと噛み砕いて、じわじわと押し寄せる辛味を
    一度味わってみたいです!

    ↓の砂糖入りトマトジュースと違うところは
    味の想像がなんとなくできるところでしょうか・・・^^

  3. 睡蓮

    あそっか…!
    逆に韓国ではトマトは果物だから、
    「果物のキムチ」という位置づけゆえ
    微妙な一品になってしまうわけですね。

    でもこれ美味しそうー!

  4. >ナミギョンさん
    こんにちは。いらっしゃいませ。
    日本でも最近はいろいろな韓国料理が食べられるようになりました。
    新大久保などのコリアンタウンに行けば本場そのもの。
    ついつい足を運んで、韓国料理ばかり食べてしまいます。
    いいお店、いっぱいありますよー。

    >てっちゃん
    一口大というのが本当に素晴らしい点ですね。
    普通のトマトでは、この食感はありえなかったはず。
    手間はかかるでしょうが、アイデアの一品です。
    味の想像はなんとなくつくかと思いますが、
    汁がピュッと飛び出たときの感動は大きいですよ。

    >睡蓮さん
    果物のキムチと考えると確かに微妙ですね。
    ザクロキムチというのがあるにはありますが、
    これも大根などでザクロの形を作るというもの。
    ザクロそのものを食材にする訳ではありません。
    でも調べてみたら柿のキムチはあるみたいですね。
    試してみればいろいろと可能なのかもしれません。

  5. ナミキョン

    はい。
    私も知つていますよ。^^
    時々新大久保に行って食べますね。
    でも毎日は難しいから。

  6. >ナミキョンさん
    あ、これは失礼しました。
    そうですよね。さすがにご存知ですよね。
    でも、韓国の方なら毎日行くのはもったいないです。
    ぜひ日本の美味しい料理をたくさん食べてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next