第7回「オレカテ歴史部(夏季集中講座)」(講師:武井一さん)募集終了
Close
詳細
次回イベントまで

赤坂「赤坂一龍別館」でソルロンタン。

06091701.jpg

前日深夜のひとり五十歳酒で心なしか2日酔い気味。
汁気のあるものが食べたいということで、赤坂まで行って来ました。
東京にある数少ないソルロンタン専門店「赤坂一龍別館」です。
ソルロンタンは牛肉、牛骨、牛の内臓などをじっくり煮込んだ料理。
各部位からにじみ出たうまみを、余すところなく味わう料理です。

なお、別館とあるように、ちょっと離れたところには本館もあり。
そちらはソルロンタン専門ではなく、焼肉、家庭料理などを出しています。

別館では24時間営業でひたすらソルロンタンのみの提供。
スユク(茹で肉)、チャプチェ(春雨炒め)などもあるようですが、
基本的にはソルロンタンを食べに行くお店ですね。
ランチとして、飲んだ後のシメとして、などに使われるようです。

06091702.jpg

ソルロンタンの値段は1500円とやや高めではありますが、
これだけのおかずがついてくるとなると、話は変わってきます。
全部で11品ですか。むしろこれだけでも充分ごはんが食べられます。

野菜の和え物、ゴボウの煮物、ジャガイモの煮物、豆腐のジョン
白菜キムチ、韓国海苔、カクトゥギ(大根の角切りキムチ)、
モヤシナムル、大根キムチ、ケランチム(卵蒸し)、ジャコの炒め物。

去年撮った写真が手元にあるのですが、内容はほとんど同じですね。
多少の違いはあると思いますが、だいたいこんなおかずが並びます。

06091703.jpg

韓国のスープ料理はごはんを入れて食べるのが正式。
たっぷりした器の中にドサドサと入れていきますが……。

これだけおかずがあると、おかず用にもごはんを残したいところ。
半分くらいを投入し、半分はそのまま食べることにしました。
むしろ、ごはんもう1杯! って言いたくなるほどの充実具合です。

06091704.jpg

スープには牛肉が具として沈んでいます。
頬肉あたりですかね。ずいぶんと柔らかい部位でした。

東京でソルロンタンというと、専門店はここと近隣の「牛村」。
そして上野にある「上野ソルロンタン」くらいでしょうか。
新大久保に「ソルロンタン」という名前の店もありましたが、
残念なことに今年2月で閉店してしまいました。

個人的には新大久保の「ソルロンタン」がいちばん好みでした。
味付けがされていないので、そのまますすると肉の味しかしません。
それに自分の好みで塩、胡椒を加えていく純韓国スタイルです。

「赤坂一龍別館」は場所柄か、そのまま食べられるくらいの味付けです。
日本人客も多いあたりですから、多少の配慮がなされているのかもしれません。
万人受けする味なので、本場の味を知る人には物足りない可能性も。
ただ「東京で」というカッコ付きなら、今はここがいちばんでしょう。

なんてことを書いておりますが、実は「牛村」もまだ未訪。
実質2店舗で比べているので、いちばんもなにもありません。
ソルロンタンの専門店、ほかにありましたらぜひ教えてください。

エリア別の目次を見ると、赤坂の店は初めての登場ですね。
未訪の「牛村」も含め、いくつか探索していきたいと思います。
冷麺の「チョンギワ」と「KORYO」、サムパプの「ヌルンジ」、
韓国式中華の「礼林」、粉食店になってしまった「エミリ」、
有名どころで「兄夫食堂」、「おんがね」、「明洞」などなど。
行ったことのある店も混じっておりますが、当面の行きたいお店です。

新大久保に比べると、まだまだ未踏破店の多いエリア。
オススメ店などありましたら、ぜひ教えてください。

店名:赤坂一龍別館(あかさかいちりゅうべっかん)
住所:東京都港区赤坂2-13-16シントミ赤坂第2ビル1階
電話:03-3582-7008
営業:24時間
定休:なし

 

→韓食生活のトップページに戻る



7 Responses to 赤坂「赤坂一龍別館」でソルロンタン。

  1. moegi

    おかずの数、すごい!
    本当に、あれだけでごはん一食食べられますね。
    前に赤坂に行ったとき、韓国料理とか焼肉のお店が多いなぁと思ったけれど、赤坂は東京都内でもやはり韓国料理の多いことで有名なのですか?
    韓国から来た友人に聞いたら、知らない、と言っていましたが。

  2. ちょび

    私のお気に入りは「古家庵」(イェンナルチプ)です。
    行くのはもっぱらランチタイムですが…
    席はお座敷で、テーブルではなく
    (韓国のアンティーク家具屋さんにあるような)お膳にサーブされます。
    人参ジュースがサービスで付きます。
    最近行ってないなー、ママさん元気かなぁ…

  3. >moegiさん
    このおかずの量は圧巻ですよねえ。
    これが並べられるだけでワクワクしてきます。
    赤坂は古くからのコリアンタウンとして有名ですよ。
    この「一龍」があるあたりも韓国料理店の林立地帯。
    ハングルの看板がたくさん出ております。

    >ちょびさん
    なるほど「古家庵」ですね。
    ランチがお膳形式というのも雰囲気がありますね。
    検索で調べましたが、確かによさそうな感じ。
    機会を見つけて行ってみたいと思います。
    ありがとうございました。

  4. ちょび

    moegiさん
    赤坂は韓国料理屋さんが多いだけでなく
    韓国系企業の日本法人も多いので
    (どちら先なんでしょうね)
    韓国人サラリーマンの街ですね。
    新大久保ともまた違った雰囲気です。

    以前、某有名韓国系エレクロニクス企業の方と
    ミーティン(でも参加者全員既婚者…)したときに
    先方が予約してくださった「ヤンバン家」も
    良かったですよ~。(ヒョンブ食堂の近くです)
    彼ら曰く「ここら辺は僕らのセリョクッコン(勢力圏)
    だよ」。
    確かにお店の方とも懇意のようでした☆

  5. >ちょびさん
    「ヤンバン家」のある路地はよさそうですね。
    韓国式中華の「礼林」、サンパプの「ヌルンジ」も同じ通り。
    勢力圏とまではいかないまでも、何軒か回ってみたいです。

  6. ちょび

    そうそう、ディープな路地ですよね。
    そうか!ヌルンジに行けばサムパプにありつけるんですね。
    よおし、ダンナ誘っていこう!
    こんどはヌルンジ失敗しないぞ。
    この一角の食料品店で「トルチャバン」売ってましたよ~。
    八田氏、お好きでしょ?
    ここらへんでオフ会はいかがですか?みんなのお土産はトルチャバン。

  7. >ちょびさん
    あー、赤坂オフってのはしたことないですね。
    これまで新大久保ばかりだっただけに新鮮かも。
    今はちょっと多忙ですが、もう少ししたら落ち着くので、
    ブログで声をかけるオフというのも考えてみたいと思います。
    トルチャバンもいいですねー。ええ、大好きです。
    第1回赤坂探索オフ、というような感じになりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next