新井薬師「インスタントラーメンさくら」で韓国ラーメン。

06090701.jpg

韓国でラーメンと言えば、インスタントが当たり前。
街中の飲食店でもインスタントを調理したものが出てきます。
日本式のラーメンは生ラーメンと呼んで区別され、
珍しい外国の料理として細々と存在するにすぎません。

という話は韓国料理を語る身として何度も書いてきたのですが、
まさか、日本でその反対の話を書くことになるとは思いませんでした。

新井薬師駅前にある「インスタントラーメンさくら」は、
200種類以上の商品を揃えるインスタントラーメンの専門店。
日本でインスタントラーメンを調理、販売しているという変り種です。
韓国のラーメンもあるということで足を運んできました。

冒頭の写真は韓国の「キムチラーメン」という商品。
韓国に住んでいた頃もよく食べた定番ラーメンのひとつです。
でも、こういうスタイルで食べたことはないですね。
チャーシュー、メンマ、ホウレンソウが乗り、卵をトッピング。
最初の3種は最初からついてくる具で、卵は追加オーダーです。
ラーメンが280円で、卵は50円。しめて330円でした。

06090702.jpg

韓国にいる頃は、こういう絵柄を夢見ていたように思います。
韓国のラーメンに日本式のチャーシューが乗るなんて。
日本においても、韓国においても、まずありえない光景に感動。

唐辛子辛いスープですが、激辛ラーメンなどもありますもんね。
こうした日本式の具が韓国ラーメンとも合わない訳はありません。

専門店だけあって、さすがに麺の茹で具合もいい感じです。
半熟に固まった卵を突き崩しながら麺にからめて食べ、
その合間合間にホウレンソウやメンマなどをつついてみる。
備え付けのコショウやラー油などを加えてみたりも……。
なんていう日本式のスタイルで韓国ラーメンを味わってきました。

06090704.jpg

店内にはこれでもか、というくらいにインスタントラーメンがずらり。
値段は商品によって少しずつ違いますが、いちばん高くても340円でした。
商品は絶えず入れ替えをしながら、変化をつけているとのこと。
地方限定の商品などもあり、見ているだけでも楽しくなってきます。
食べていくだけでなく、お土産として購入していくこともできるそうです。

06090703.jpg

ちなみにお店の外観はこんな感じ。安い居酒屋のような感じですが、
それもそのはず、もともとは居酒屋からの転業なのだそうです。
知らないとそのまま通り過ぎてしまうような外観ですよね。
のれんをくぐると、大量のラーメンが目に入って驚くという仕組みです。

ちなみにお酒も置いてあるようで、常連さんらしき人は焼酎を飲んでいました。
カウンターの上には缶詰や魚肉ソーセージなども並んでおります。
軽くいっぱい飲んで、インスタントラーメンでシメというのもいいですね。
場所柄なかなか行かないエリアですが、また行きたくなるお店でした。

店名:インスタントラーメンさくら
住所:東京都中野区上高田3-19-1
電話:03-3388-5201
営業:11:00~21:00
定休:通常は日曜日
http://instantramen-sakura.com/

<過去の関連日記>
(04月25日)新大久保「明洞キンパプ」でキンパプ&ラミョン。
(05月08日)高田馬場「韓国ラーメン」でこにくラーメン。



6 Responses to 新井薬師「インスタントラーメンさくら」で韓国ラーメン。

  1. たー君

    数年前には博多に店名:食わせて大魔王と言う
    インスタントラーメン屋がありました。
    一時、話題になりテレビや雑誌にも載りましたが
    現在は閉店されていると思います。
    アイデアは良いのですが
    ある程度の客数をこさなければ
    採算は難しいのでしょう。

    こちらのお店はカレーも頂けると聞いていますので
    一度お邪魔してみたいです。

    からあげの件ですが
    最近は福岡と北九州で中津からあげが
    流行る気配があります。

    そのうち、東京のどこかの
    デパートに出ると思います。
    美味しい店が出店したら良いのですが
    少し不安です。

  2. たっちー

    わぁ楽しそうな店ですね。場所が行かないエリアで残念です。私はラーメンは食べませんが、食べ比べ飲み比べできる、こういう店は、話のネタにそそられます♪うちの田舎の金(キムじゃないです)ちゃんラーメンあるかな?

    家の近所にカップ酒や、缶詰のお店があって、いつもにぎわっていますよ。立ち飲みも大好きですが、気軽に入れるお店っていいですよね。先日の大久保の小さい店といいお店やりたくなります^^

  3. すがい

    ラーメン好きにとっては、完全スルー対象の店です。
    「まだあったのか」
    という感じ。

    しかし、そうか。韓国料理好きにとっては、余裕でアリアリの店だったんですね…。
    「韓国ラーメン専門店」のほうが流行ったかもしれないな…。

    ちなみに、インスタントの専門店は15年以上前から、都内でも「できてはつぶれ」の歴史があります。
    販売価格と原価の兼ね合いを考えれば、潰れるのが当然てところです。

    ここは、飲み屋兼業だからイケるのかな。

  4. >たー君
    博多のその店はクッキングパパに出ていたところですかね。
    閉店してしまったとは残念です。色々と難しいのでしょうね。
    中津からあげの勢力が拡大しているのはいいことですね。
    東京への出店もおおいに期待したいと思います。
    もちろん美味しい店の出店を! 

    >たっちーさん
    地方限定の銘柄をたくさん揃えているようでした。
    これは信州限定、これは大阪限定などいろいろ教えてくれます。
    東京の人が地方のラーメンを食べにくるだけでなく、
    地方から東京に来た人が地元のラーメンを食べにくることも多いとか。
    地元のラーメンが揃っているというのは嬉しいでしょうね。

    >すがいさん
    やはりラーメン好きの方の守備範囲ではないんですね。
    韓国ではインスタントのほうが普通なので、むしろ豪華に感じます。
    インスタントの専門店がそんな昔からあったとは知りませんでした。
    ユニークな店なので、ぜひ長続きして欲しいですけどね。
    この店では地方銘柄の30個セットなどの郵送販売もしているようです。
    そういうあたりの工夫でぜひ頑張って頂きたいですね。

  5. 睡蓮

    韓国のインスタントラーメンを調べていたら、
    こんな食べ方にぶち当たりました。
    この食べ方って、韓国でメジャーなのか…
    とよーく読んでみると、軍隊での食べ方なんですってね。
    http://www.darklich.net/entry/대관령-김치라면-삼양

  6. >睡蓮さん
    僕も留学時代に友人から教えられて驚きました。
    軍隊式ラーメン、または「ポグリ」とも呼びます。
    鍋、器がいらないのは楽ですが、本当にサバイバルですよね。
    寄宿舎で友人が実践してくれましたが、
    ちょっと固めではあるものの、普通に食べられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next