第44回「オレカテ」(講師:崔載國さん)募集中
Close
詳細
次回イベントまで

四谷三丁目「ドンキィ」で至福焼肉。

06040501.jpg

世の中には連れて行って頂く店というのがあります。
四谷三丁目のドンキィは、そんな中でも特に自分では行けない店。
値段が高いのみならず、色々な意味で敷居の高い店です。
連れて行って頂くときは飛び上がらんばかりに喜びます。

この店は焼肉店なのですが、メニューというものがありません。
すべて店のママとの相談で料理が決まり、ママの指示通りに食べます。
上の写真は牛タンなのですが、大皿でも食べる順序が決まっており、
脂の少ないほうから、多いほうへ食べ進むように指示されます。
写真ではわかりにくいですが、左から右へという感じ。
確かに食べてみると脂の違いがよくわかります。

そしてこのタンが分厚く、柔らかく、本当に美味しい。
量もたっぷり出てくるので、食べた! という気持ちに浸れます。
なかなかタンだけこんなに食べることってないですもんね。
写真の大皿をそれぞれ3~4人くらいで食べました。

06040502.jpg

牛タンを食べ終えたら次はロースが出てきました。
塩ロースとタレロースがあり、これも順番で出てきます。
写真は塩ロースのほう。ほんの少しあぶる程度で食べます。
口の中で脂がとろとろに溶け、本当に幸せな気分。
この後さらに、カルビが出てくるのだからたまりません。

06040503.jpg

この店では1人につき、サラダがひとつずつ出てきます。
焼肉を縁の下から支える裏名物的存在で、これがまた美味しい。
けっこうな量で、最初はこんなにいらないと思うものの、
食べていると、誰しもがぺろっとたいらげてしまいます。
いつの間にやら、野菜おかわり、ということになったりも。
肉だけでなく野菜もたっぷり食べられる嬉しいお店です。

ネットで検索すると、このお店の詳細がわずかながら出てきます。
色々な意味で敷居が高いというのも、よくわかるのではないかと。
たとえお金があったとしても自分だけでは行けません。



5 Responses to 四谷三丁目「ドンキィ」で至福焼肉。

  1. しんどん

    も、悶絶!
    写真見ただけでノックアウトです!
    行きたい店リストに入れときました!

  2. 八田氏@K・F・C

    行きたいリストに加えてからが大変なお店。
    まずこの店に連れていってくれる常連さん探しから始めねばなりません(笑)。

  3. なんとも美味しそうそうだったので

    知り合いの焼肉店関係者に電話掛けまくりました。

    予約とって貰って、来週あたり挑戦してきます。

    あー待ち遠しい!!

  4. しんどん

    八田氏

    ふーんだっ!
    飛び込み営業得意だもん(^-^)b
    なんか方法考えてみますねー!
    まぁ、当分行くことは出来ないでしょうが・・・(涙)

    大塚様

    ぐっはーーー!
    な、なんとも羨ましいですなー(^-^)b
    八田氏に続くレポート、期待しております!

  5. 八田氏@K・F・C

    「ネットで検索すると」でぼやかしてみたのですが、
    誤解があるといけないので少しフォローさせてください。

    ここは「敷居の高い店=ルールのある店」です。
    メニューがなかったりするのも、ローカルルールのひとつ。
    食べ方、焼き加減など、指示通りでないと怒られることもあります。
    気持ちよく食事をするには、そのあたりの理解が必要です。

    また、僕も本当のところはよくわからないのですが、
    事前に要予約、しかも基本的には紹介が必要と聞いています。
    仕入れの関係では、常連でも予約を断られることがあるとか。
    このあたりの事情もあらかじめご理解頂ければ幸いです。

    僕も連れていってもらう立場なので、はっきりしたことは書けませんが、
    ともかく普通の焼肉店とは、ちょっと違ったタイプのお店です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next