別府「胡月」で別府冷麺。

06032001.jpg

厳密に言えば韓国料理ではないのですが、
やや近い、という意味で韓食日記にアップしたいと思います。
別府冷麺は朝鮮半島の冷麺とはまた違う、別府オリジナルだそうです。
ルーツは創業者の方が満州で食べた料理にあるのだとか。
それを日本人の舌に合うようアレンジしたのが別府冷麺です。

パッと見ただけでまずわかるかと思いますが、
朝鮮半島の冷麺に比べて、かなり麺が太いです。
スパゲティや、ちゃんぽんの麺に近い感じ。
食べるとかなりコシが強く、コキコキした独特の歯触りです。
麺を噛み切るときも、プチンと弾けるのではなく、
充分な粘りをもって、抵抗の末にほぐれていくという感じ。
と言っても嫌な固さではなく、意外に爽快な食感で不思議です。

冷麺の麺はうどん、そばなどと違い押し出し式で作られます。
生地に圧力をかけて穴から押し出して作るのですが、
なぜまたこんなに太い穴を用意したのかが謎ですね。
食感や、味との試行錯誤でこうなったということでしょうか。

スープは牛をベースに脂をきっちり取り除いたあっさり風味。
醤油の味が前面に出たやや塩気の強いタイプですが、
太く食感の強い麺にはこのくらいがベストでしょう。

具はゆで卵、薄切りにした牛肉、キャベツのキムチ。
白菜でなく、キャベツを使うのが別府式のようです。

別府冷麺を出す店はほかにもいくつかある模様。
「大陸」「きりん亭」「六盛」などが有名だと聞きました。
全国的にはあまり馴染みのないご当地料理ですが、
盛岡冷麺に負けずに頑張って欲しいと思います。

店名:胡月(こげつ)
住所:大分県別府市石垣東8-1-26
電話:0977-25-2735
営業:11:00~18:00
定休:火曜日(祝日の場合は翌日)
HP:なし



4 Responses to 別府「胡月」で別府冷麺。

  1. きりん亭さんや大陸さんもたまに行きますが、別府冷麺では自分は六盛さんがお勧めです。
    六盛さん自分家が近いこともありよく行きます。とにかくどれも旨いです。自分的には冷麺とねぎ温麺が特にお気に入りですねぇ・・釜の上に据えられた押しきりの麺打ち機から釜に一直線に落ちる麺を見るだけでよだれがだらーーーっと・・><
    六盛さん最近HPつくってますね参考までにURL載せときます。
    http://www.ctb.ne.jp/~rokusei/index.htm
    冷麺の通販も始めてるみたいです遠方で食べたいけど無理って人も覗いて見たらいいかも。
    別府人としてもっともっとこの特徴ある別府冷麺が人気出るといいなぁ・・

  2. >雅さん
    別府冷麺は「胡月」で食べたっきりですね。
    いろいろと試してみたいですが、東京にいるとなかなか。
    また別府に行く機会ができたら「六盛」も行ってみたいです。
    盛岡冷麺とはまた違ったよさがありますよね。

  3. ちい

    胡月さんは、女一人でも入れそうなかんじですか?

  4. >ちいさん
    確かカウンター席もあったと思います。
    僕らは昼時を過ぎていったので空いていました。
    女性ひとりでも大丈夫だと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next