大学時代の恩師と食事。

昨日は新大久保で大学時代の恩師と食事でした。
韓国語の先生で、僕に韓国語のイロハを教えてくれた方です。
先日、偶然道でバッタリ会ってこの日の約束をしました。
当時は出来の悪い学生だったので恥ずかしいですね。

韓国人の先生なので主に韓国語で話したのですが、
いやあ、言葉が出てきません。こんなに出来なかったかというくらい。
先生の前なので、上手に話さなければという気持ちが先に出るみたいです。
あちこち直されたりしながら、冷や汗まみれの食事をしました。
といっても楽しかったですけどね。昔話も色々しながら。

店は昨年末の日記にも書いた菜彩厨房さんぱ家です。
豚のサムギョプサル、カルビチム、トッカルビを食べました。
カルビチムはトッカルビを頼んだら、間違えて出てきました。
どうやら僕の発音がよくなかったらしく、「トッ」の部分が通じていませんでした(笑)。

ネットにも情報が出ていないせいか店はずいぶん空いていました。
グーグル検索では、この韓食日記しか出てこないみたいです。
そのせいか韓食日記のアクセス解析を見ると、検索ワードは「さんぱ家」がダントツのトップ。
みんな調べてここに飛んでくるみたいです。
ホームページを作ったら、きっとお客さんももっと増えるんでしょうね。



2 Responses to 大学時代の恩師と食事。

  1. 管理人様、こんばんわです(^^;
    昨晩、初「菜彩厨房さんぱ家」してきました。
    鳳雛チムタクと同じく新大久保界隈の韓国料理屋さんにしては
    「いい内装」のお店ですよね。ワタシは「豚」を選んで食べました。
    お恥ずかしながらサンパプ自体初めてだったのですが、なかなか
    よかったです。また、この野菜の高い状況の中で、これでもか!って
    くらいに白菜やらキャベツやらサンチュやら….
    今度はぜひ「牛」とサイドメニューにも挑戦したいと思います(^^)
    そうそう、HPができたそうです。
    http://www.sanpaya.com

  2. さんぱ家、行かれましたか。
    少しずつクチコミで広がっていくようで嬉しいです。
    そういえば確かにこの時期、あれだけの野菜は出血サービスですね。
    肉より野菜が高い昨今、贅沢なお店なのかもしれません。
    ホームページ情報ありがとうございます。
    前の記事にもリンクを貼っておくことにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next