コリアうめーや!!第166号

コリアうめーや!!第166号

<ごあいさつ>
2月になりました。
ついこないだ新年を迎えたばかりで、
もう1ヶ月が経過というのは驚きです。
まだ何も始められていないのに、
いきなり12分の1が終わったという事実。
時が過ぎるのは速いものですが、
カレンダーをめくるたびになんだか焦ります。
1ヶ月前の初詣で誓った今年の目標。
達成できるものか、いきなり不安になりますね。
1日1日を大切にせねばと気を引き締めています。
そんな中、念願だったイベントをひとつ実施。
多くの方の協力で、盛り上がった会になりました。
今号ではその報告をしたいと思います。
コリアうめーや!!第166号。
ぴんぽーんの音とともに、スタートです。

<ついに実現新大久保出前オフ会!!>

長年の野望がついに実現した。

昨年夏、コリアうめーや!!第155号で、
韓国の出前文化について書いた。

以下にリンクを貼っておくので、
読んでいない人は、まずそちらから見て欲しい。
何がしたかったのか、よりわかりやすくなるはずだ。

コリアうめーや!!第155号
http://www.koparis.com/~hatta/koriume/koriume155.htm

韓国の出前文化は実に秀逸である。

迅速配達、弾丸配達をうたい文句として掲げ、
いついかなるときにも、どんな場所へも配達してくれる。
学校の門までとか、漢江の川べりまでとか。
そのサービス精神には舌を巻くことが多い。

そんな韓国の出前文化を日本でも楽しみたい。
その思いから企画されたのが「出前オフ会」である。

なにしろ東京にはコリアンタウンとして名高い新大久保がある。

界隈には200店舗以上の韓国料理店がひしめき、
出前のサービスを実施してるところも少なくない。

新大久保のどこかに拠点をひとつおいて、
そこからあちこちの店に注文の電話をかける。
それだけでありとあらゆる韓国料理が食べられるのだ。

これまでこうしたネタはメルマガに書いておきつつ、
企画倒れになったりすることが多かったが、今回は違った。
強い野望と、多くの人の協力により見事に実現。

しかも参加者はなんと総勢30名である。

僕の周囲にはアホ企画に理解のある人が多くて助かる。
ということで、以下、出前オフ会の詳細報告だ。

開催日は2008年1月19日。
会場は新大久保に位置する便利なフリースペース、
「イーストアジアン新宿」を使った。

14時の受付開始とともに、参加者が集結。
会費徴収とともに、名札、進行表、ペンを配布する。

人数が30人と比較的大規模になったことから、
ある程度、プログラムを組んで進行することにしたのだ。
その概要が書いておいたものが進行表であり、
そして裏には簡単なクイズも用意しておいた。

題目は「第1回新大久保出前オフ会 出前王決定用紙」。

その日、注文する出前についていろいろ問題を出し、
高得点を叩き出した人に、出前王の称号を与えようというもの。
事前に頼んでおいた出前料理を予想してみたり、
同じ料理を違う店から同時に頼み、その速さを予想したり。

出前王になったところで特典があるわけではないが、
お遊び的な雰囲気を盛り上げる意味で実施してみた。
アホ企画のアホ度を高める要素でもある。

だいたいの参加者が集まったところで本日の概要説明。
出前王企画や、その日注文する料理などを発表した。

そして間髪いれず「第1回出前の儀」。
全員注目のもと、最初の注文が高らかになされる。

「あ、もしもし。鍋6つ!」

さあ、ここでまずひとつ感動して欲しい。
出前で鍋料理が来る、というのはすごい話ではないだろうか。

ちなみにこの出前を取ったのは、
会場である「イーストアジアン新宿」の系列店。
このフリースペースはもともと系列の各店舗から、
自慢料理をケータリングしてもらえることになっている。

会場に敬意を表する意味で、まずはそこから注文。
鍋6つで話が通るのも、事情が伝わっているからだ。

そして、問題はここから。

その鍋とはいったい何か、というのを第1問とした。

もう結果報告なので、いきなり答えをばらしてしまうが、
20分後に届いたのは、豚カルビを入れた豪勢なキムチチゲ。
参加者の前に、どーんと迫力の鍋料理が並べられた。

ちなみに、今回の楽しさはやはり出前が届く瞬間。

普段、自宅で出前を取るときもそうだと思うが、
電話をかけてから、待つ間というのは意外に長い。

まだかな、まだかな、とジリジリ心待ちにしつつ、
やがて室内に鳴り響く、ぴんぽーんという到着の知らせ。
その瞬間こそが、出前における最大の興奮である。

また、今回はその興奮度も高めるために、
ごく一部の人には、小さな不幸も混ぜてみた。

出前を待つ時間に簡単な自己紹介を行ったのだが、
自分の話しているときに出前が到着したら会計係に任命。
スタッフの不足から急遽考案した苦肉の策だが、
ミニイベントとして、意外に盛り上がった。

鍋の到着とともに、会計係も決まっていよいよ本番。
コリアンタウンのあちこちに電話をして出前を取る。

「第2回出前の儀」で注文したのはフライドチキン。

韓国では間食、夜食の定番として親しまれ、
ピザの宅配店と似たようなレベルで店が充実している。
全国展開するチェーン店から、近所の個人経営店まで、
すぐ近所にたくさんのフライドチキン店があるのだ。

新大久保にも、全部で5店舗のフライドチキン店がある。
その中のひとつに電話をして注文。

「すいません。出前をお願いしたいんですけど」
「フライドチキンを2羽とヤンニョムチキンを2羽」
「あわせて4羽をお願いします」

韓国のフライドチキンは鶏1羽ごとの注文が基本。
ピースごとの注文は少なく、あって半羽というハーフサイズ。
このあたりにも、微妙な違いがあって面白い。

ヤンニョムチキンというのはフライドチキンに、
コチュジャンや水飴をベースとした甘辛いタレをかけたもの。
フライドチキンに韓国料理という要素はあまりないが、
ヤンニョムチキンとなると、いきなり韓国テイストになる。

なお、その店は「弾丸配達」を看板に掲げており、
エリア内なら30分以内の到着を宣言していた。

それをヒントに、別の店からも事前に同量を注文。
時間指定で30分後に同時到着するように仕掛けてみた。
クイズの第2問が、このフライドチキンレースだ。

15時ちょうどに注文しておいた店と、
14時半に注文した30分弾丸配達の店。

いい勝負になるだろうと思われたが、
実際には弾丸配達のほうが、20数分で運んできた。
15時ちょうどの店は、時間を少しオーバー。

弾丸配達の看板文句に嘘はないことが証明された。

また、15時ちょうどに別の事前注文料理も到着。
これを今回のイベントでは、最大の謎として設定した。

「新大久保の韓国料理店から意外な出前を注文した」

という情報だけで、それが何かを当ててもらうのだ。
これだけで情報も何もというような感じだが、
裏読みをすると、いくつかの事柄が垣間見える。

まず、韓国で定番の出前料理は除外される。
中華料理やフライドチキンは、意外とはいえない。
しかもこの2種類は進行表に注文の予定がある。

韓国料理に多い鍋も最初の出前で到着してしまった。
さらにいえば、フライドチキンは鶏料理なので、
鶏が重なるような注文も、可能性としては低い。

といったあたりから推測してもらう問題設定である。

とはいえ、それでもかなりの韓国料理がまだ残る。
問題作成者としては、偶然の要素を強めたつもりだったが、
驚くべきことに、パーフェクトな解答があった。

15時ちょうどに到着したのは、韓国式の刺身。

フライドチキン同様、韓国では刺身も丸ごとが基本。
立派な1キロのマダイを、刺身店から運んでもらった。
尾頭付きのマダイは見るからに迫力があり、
到着と同時に会場を大きな興奮で包み込んだ。

意外な出前にふさわしい一品と思われたが……。
当てた人の用紙を見ると「鯛の刺身」と書いてあった。

なぜわかる! しかもなぜタイであることがわかる!

そのほかにも刺身と答えた人は数人おり、
その日の参加者は恐るべき人たちだと判明した。
どうやら問題作成者が参加者を甘く見ていたようだ。

到着した料理をつまみながら、ひとしきり飲み、
いい感じに酔っ払ったところで、最後の出前を注文。
最後はやっぱり炭水化物でシメたいということで、
韓国式中華料理店から、麺料理を注文。

チャジャンミョン(韓国式のジャージャー麺)と、
チャンポン(激辛味の海鮮麺)である。

これもイベント形式で注文することにした。
韓国語の堪能な人3人に出前係として前に出てもらい、
3軒の韓国式中華料理店から、同時に出前を注文。

チャジャンミョン3つ、チャンポン3つを、
どの店がもっとも速く出前してくれるかを予想した。

同時に最初の店が到着する時刻もピンポイントで予想。
この2問を最終問題として、出前王が確定することになる。

そして注文から30分ほどが経過した運命の時。

ぴんぽーんの音とともに時計を確認すると16時30分!
2軒の中華料理店がほぼ同時に到着したが、
確認してみると、もっとも遠い店がいちばんだった。

そのチャジャンミョンとチャンポンを味わいつつ、
すべての結果を照合し、出前王を決定する。

到着時刻予想を除いた4問を全部正解した人はいなかったが、
4問中3問正解という、優秀な成績の人が3名いた。
この3名から到着時刻がもっとも近かった人を出前王とする……。

と宣言したところで予想外の発言が。

「ピンポイントで当たりました!」

16時30分という区切りのいい時間が功を奏し、
3名のうち1名が、ジャストの数字を書き込んでいた。
しかも驚くことに、この人は先ほどの意外な出前で、
「鯛の刺身」と記入した壮絶な推理力の持ち主。

満場一致で優勝者として認められ、第1回出前王と確定した。

といったところで出前オフも無事に終了。

・豚カルビ入りのキムチチゲ
・フライドチキン&ヤンニョムチキン(×2軒)
・マダイの刺身(大量の突き出し含む)
・チャジャンミョン&チャンポン(×3軒)

という都合、7軒から6料理を注文し、
出前料理の魅力を存分に楽しんだ。

初めての試みなので、いろいろと不安もあったが、
出前の注文もスムーズにいき、盛り上がった会になった。
アホな企画ではあるが、そういう企画こそ楽しいもの。
長い間暖めていた企画だけに、成功は嬉しかった。

参加して頂いた皆様や、新大久保の各店舗には、
心から感謝の言葉を伝えたいと思う。

「ありがとうございました!」

そして。

「第2回もまた付き合ってくださいね!」

<お知らせ>
ようやくこれまでの更新ができました。
過去のメルマガも写真をアップしてあります。
http://www.koparis.com/~hatta/

<お知らせ2>
第163号で紹介した地方料理の旅が実現します。
僕がアテンドを担当し、韓国の地方を巡る2泊3日。
第1回は3月13日から15日までの日程で、
全羅道のうまい郷土料理を中心に探索します。

簡単な日程を紹介するとこんな感じ。

1日目
夜の便でソウルに到着

2日目
朝から全州に移動
全州に到着し全州ビビンバを食べる
観光しつつ法聖浦という港町へ移動
法聖浦で名物のイシモチ韓定食を食べる
全州に戻って宿泊

3日目
朝食に名物のコンナムルクッパプを食べる
観光しつつ、昼ごろ錦山に移動
錦山で名物のサムゲタンを食べる
ソウルまで移動し仁川空港から帰国

2泊3日のツアーなので多少慌しいですが
3地域4種類の郷土料理を堪能します。
国内移動は車なので、交通で悩む必要もなし。

費用や日程など詳細は下記ページを参照。
興味のある方は、ぜひともご参加ください!

モランボンツーリスト
http://www.mrt.co.jp/menu17.htm

<八田氏の独り言>
当日は「八田キムパプ」からも出前しました。
菜の花、水菜のナムルを入れた春らしいキムパプでした。

コリアうめーや!!第166号
2008年2月1日
発行人 八田 靖史
hachimax@hotmail.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next