コリアうめーや!!第90号

コリアうめーや!!第90号

<ごあいさつ>
12月になりました。
いよいよ師走。今年も最後の月です。
1年が過ぎ行くのは本当に速いですね。
ついこないだ正月を迎えた気もしますが、
2004年もそろそろ締めくくりです。
年末に向けて、忙しい日々が続くと思いますが、
皆様、くれぐれも健康にはご注意ください。
特に忘年会の連続による飲みすぎには気をつけて……。
って、それは自分自身への戒めですね。
さて、今号のコリアうめーや!!ですが、
ちょっと気分を変えて、嫌いな料理について語ってみました。
タイトルはコリア「うめーや!!」でも、
内容は180度逆を行く話。
僕にとっては弱点とも言える料理の紹介です。
コリアうめーや!!第90号。
半分涙目になりながら、スタートです。

<ポンデギが嫌いだ!!>

『ドラゴンクエスト8』が発売された。
やりたい。でも、忙しいからできない。

知らない人のために、簡単な説明をすると、
『ドラゴンクエスト8』は人気テレビゲームのことである。
11月27日に発売され、3日間で300万本が売れたらしい。

やり始めるとハマってしまうのは目に見えているので、
欲望をぐっと抑えて発売日には買いにいかなかった。
正月休みを待って購入しようかと考えている。

でも、やっぱりソワソワするんだよね。

実際にゲームができないとしても、
せめてドラクエ気分にくらいは浸りたい。
韓国料理の話なんかやめて、ドラクエの話を書いてしまおうか。

いや、でもそれだと読者の方々が怒るに違いない。
購読をやめてしまう人も出てくるだろう。

では、韓国料理の話とドラクエの話を融合してみたらどうか。

ドラクエ風に韓国料理を語ってみるという企画。
例えば僕が主人公になり、敵のボスキャラは……。

「やっぱりポンデギだろうな……」

はい、すいません。

ポンデギの話がしたいばかりに、
無理やりドラクエの話を持ってきました。
目一杯強引な前フリをご容赦ください。

ポンデギ。

それは韓国料理における納豆的存在の食べ物。
日本に来る外国人の多くが納豆を嫌うように、
韓国を訪れる外国人はポンデギに恐怖する。

数ある韓国料理の中でも突出したキラワレモノであり、
外国人が嫌う料理ナンバーワンの座を不動のものとしている。

では、そのポンデギとは何か?

平たく言えば「虫」である。
もっと詳しく言うなら、蚕のさなぎを蒸し煮にしたもの。
醤油で味付けられたものが、屋台などで売られており、
韓国ではごく一般的に食べられている。

栄養価が高く、また安価でもあるため、
子供のおやつとして昔から人気があった。

そのままムシャムシャと食べるほか、
スープの具にしたり、野菜炒めに入ったり。
その用途は、想像するよりはるかに幅広い。

僕はこのポンデギが大の苦手である。

韓国料理を愛し、その普及に努める者としては恥ずかしい話だが、
どうしてもこのポンデギだけは好きになれない。

その理由は独特の匂い、味などいろいろあるが、
それ以前に「虫」であるという先入観も大きい気がする。

なにしろ見た目はほとんど茶色いダンゴ虫状態。
イナゴやザザムシなどと日常的に接していれば違うのだろうが、
僕はこれまで虫をほとんど食べてこなかった。

すごく小さい頃にイナゴの佃煮を少々。
あとはまったく記憶にない。

このポンデギを敵のボスキャラとして定め、
主人公である僕が冒険、活躍するストーリー。
これならコリアうめーや!!としても充分通用する。

例えばこんな感じではどうだろう。

ポンデギがあらわれた。
 ▼
コマンド?

たたかう
 ▼
八田氏の攻撃
ポンデギに3のダメージを与えた。

ポンデギの攻撃
ポンデギは怪しい臭いをふりまいた。
 ▼
八田氏は目の前がクラクラしてきた。

駄目だ。これでは単純にゲームをなぞったにすぎない。
ゲーム好きならよいが、そうでない人は困惑するだけだろう。
それにポンデギと戦わなければならない理由も希薄だ。

そもそもポンデギが攻撃してくること事態が不自然である。
むしろ今までの経験上、ポンデギ「で」攻撃された事のほうが多い。

例えばこんな感じである。

友人Aがあらわれた。
 ▼
コマンド?

逃げる
 ▼
八田氏は逃げ出した。
しかし友人Aにまわりこまれてしまった

友人Aの攻撃
友人Aはポンデギを八田氏の口に放り込んだ。
 ▼
痛恨の一撃!
八田氏は285のダメージを受けた。

八田氏は死にました。

ああああああああ、思い出すだけで震えが来る。

僕はこれまで5粒(匹)のポンデギを食べた。
いや、友人によって食べさせられた。

そのどれもが悪夢のように消えない記憶として残り、
ときにフラッシュバックとして僕に襲いかかってくる。
忘れたくても忘れられない、忌まわしい思い出である。

まず歯触り。

カシッカシッカシッ。
言うなればセミの抜け殻を踏んづけたような感じ。
頭の中に虫がつぶれていく姿が想像される。

次に味。

むわっとした独特の匂いが口中に広がる。
高野豆腐からダシ汁が染み出てくるような感じ。
独特の嫌な香ばしさが、煮汁の塩気とともに広がっていく。

この時点でもう気絶寸前。

ポンデギの味と匂いには、どうしても慣れることができない。

実はポンデギ以外にも、苦手な韓国料理というのがいくつかある。

まがりなりにもフードコラムニストを名乗っている以上、
嫌いですませていてはいけないのだが、こればかりはどうしようもない。

ただ、それらもポンデギほど苦手ではなく、
ちょっと我慢をすればそれなりに食べることはできる。

せっかくなので、韓国のちょっと抵抗のある食べ物を紹介してみよう。

まずポンデギと同じくらい熱心に語られるのがケブル。
日本語ではユムシと呼ばれる、ナマコのような海の生き物だ。

ただし見た目はナマコというよりも、むしろミミズっぽい。
ケブルを指して「海ミミズ」という人もいるくらいだ。

このケブルを生のままぶつ切りにして刺身で食べる。
見た目はグロテスクだが、口に入れてしまえば意外に食べやすい。
ほんのりと甘く、コリコリとした歯触りが珍味だ。

このケブルも長い間ずっと避けていたが、
あるときどうしても食べなければいけない状況に追い込まれた。
それで仕方なく口にしたのだが、

「食べて食べられないこともないな」

という感想であった。
見た目は強烈だが、味そのものはたいしたことなかった。

逆に、見た目は普通だが、
食べてみて強烈だったというのがホンオである。

ホンオは日本語でエイ。

エイを刺身にして食べるのだが、
これは味というよりも、匂いが強烈。
エイは発酵によってとんでもないアンモニア臭を発するのだ。

これを食べさせられたときは、
鼻にかぎ針を突っ込まれたかと思ったくらいの衝撃だった。
鼻がもげそうになるほどの猛烈な臭気。

ただし匂いさえ克服すれば味そのものは悪くない。
キムチ、豚肉と相性がよく、一緒に食べるとなかなかおいしい。

ポンデギ、ケブル、ホンオ。

これらを韓国の嫌われ料理ベスト3と認定したい。
もちろん外国人にとっての嫌われ料理であって、
地元では普通に好んで食べられているのは言うまでもない。

また、これらが大好きだという人がいたら、それは素直に謝ろうと思う。
嫌う人が多いというだけで、みんながみんな嫌いだという訳でもない。

しかし、ポンデギは他の2つに比べてもやっぱりすごい。

こうしてまとめて評価して始めてわかったが、
僕にとってポンデギはすべてがダメなのだ。

【ポンデギ】
・見た目……×(虫そのもの)
・匂い………×(鼻にむわっとくる感じ)
・味…………×(嫌な香ばしさ)

【ケブル】
・見た目……×(巨大なみみず風)
・匂い………○(特になし)
・味…………△(ほんのり甘い)

【ホンオ】
・見た目……○(魚の刺身風)
・匂い………×(強烈なアンモニア臭)
・味…………△(臭気の奥に酸味)

唯一、魅力的に感じられる部分があるとすれば、
その存在感ゆえに、話のネタに抜群というくらいだろうか。

ポンデギひとつでぎゃあぎゃあ騒ぐ。
これはなかなかに楽しい。

というわけで、今回のメルマガでは、
ぎゃあぎゃあ騒ぐほうに焦点をあてて書いてみた。

ただ、いつかは味の魅力についても書きたい。

嫌いな食べ物は何かの拍子にいきなり食べられるようになる。
いつの日かポンデギをテーマに、

「コリアうめーや!!」

と叫べる日が、もしかしたら来るかもしれない。

来る日に備えて、少しずつでもポンデギを食べてみるか……。

と、考えた瞬間、背筋がぞぞぞぞぞっとなった。
やっぱりポンデギは身体が拒否している。

僕がポンデギのうまさを語る日。
その日は、きっと宇宙の果てよりも遠い。

<お知らせ>
ポンデギの写真がホームページで見られます。
よかったらのぞいてみてください。
http://www.koparis.com/~hatta/

<お知らせ2>
『3日で終わる文字ドリル 目からウロコのハングル練習帳』が発売になりました。あちこちの書店に並び始めています。アマゾンのランキングでは最高で991位を確認。順調に売れているようで、嬉しい限りです。ホームページでは表紙紹介、簡単な内容紹介のページを設けています。

書籍刊行情報
http://www.koparis.com/~hatta/news/news_000.htm
表紙紹介ページ
http://www.koparis.com/~hatta/news/news_008.htm
内容紹介ページ
http://www.koparis.com/~hatta/news/news_009.htm

<八田氏の独り言>
本当は最後までドラクエ的にポンデギを語りたかったのですが、
途中で失敗が見えたので方向転換をしました。残念。 

コリアうめーや!!第90号
2004年12月1日
発行人 八田 靖史
hachimax@hotmail.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

 
 
previous next